LSE LOGO

論文投稿規程&執筆要綱



ライフサポート学会誌編集部会からのお知らせ

2020年 6月15日付けでライフサポート学会誌の投稿規程が改訂されました。
投稿される際には、最新版の投稿規程を必ずご確認下さい。

◎投稿にあたって特に注意を払っていただきたい点

1. 人を対象とする研究、ヒトゲノム・遺伝子解析研究については、倫理審査委員会の許諾に関する記述を本文内で行って下さい。また動物を対象とした実験については、動物実験委員会の許諾に関する記述を本文内で行って下さい。許諾を得ている場合、申請番号、または承認番号などの記述もお願いします。
2. 投稿した研究に関連して、所属組織外から、公的あるいは私的研究資金や研究機材等の援助を受けている場合には、その内容を謝辞に記述するようにして下さい。また利益相反に関連すると思われる場合は、文末(参考文献の前)に、その有無についても記述して下さい。
3. 論文を投稿する前には、投稿規程に準拠しているか、投稿論文確認票(様式E-3)(pdf)(docx)にてご確認下さい。規程を満たしていない場合は、投稿された論文を、返却する場合があります。

各種様式はこちらからダウンロード下さい。

様式 E-1  投稿誓約書 (pdf) (doc)
様式 E-2  倫理審査に係る申告書 (pdf) (docx)
様式 E-3  投稿論文確認票 (pdf) (docx)




ライフサポート学会誌の投稿および査読に関する規程集

この規程集は、ライフサポート学会誌における投稿および査読に関する取り決めをまとめたものです。

1. これから論文を投稿されようとする方は「ライフサポート」投稿規程 (pdf)をご覧下さい。執筆にあたっては「論文執筆要綱」(pdf)(doc)にしたがって原稿を作成して下さい。
2. 投稿にあたってはRecommendations for the Conduct, Reporting, Editing, and Publication of Scholarly work in Medical Journals. (Updated December 2018) を参考にして下さい。
参考にお示しした内容の和訳に関しては、以下の情報があります。「医学雑誌掲載のための学術研究の実施、報告、編集、および出版に関する勧告(2017年12月改訂版)」 この和訳については、株式会社翻訳センターの情報を紹介しております。本学会が責任をもつものではないことを、あらかじめ記載いたします。
3. ライフサポート学会より論文の査読を依頼された方は、主に「ライフサポート」査読規程(pdf)をご覧下さい。査読結果を受けて、編集部会にて論文の掲載の可否が決定されます。
4. ライフサポート学会誌への投稿および査読に関するお問い合わせは、ライフサポート学会事務局を経て、ライフサポート学会編集部会へお願いいたします。
 
(このお知らせの最終更新日は、2020年9月7日です)